エグゼクティブコーチングは資格がいる?資格について解説

2020.06.19

エグゼクティブコーチングの依頼を検討している経営者や経営幹部の中には、どの企業や個人のエグゼクティブコーチングを選ぶべきか悩んでいる人も多いと思います。

エグゼクティブコーチングに資格が必要なのであれば、どの資格を有しているかを企業や個人を選ぶ際の判断基準にしようと考える人もいるかもしれませんが、資格は必要なのでしょうか?

このコラムでは、エグゼクティブコーチングに資格がいるのか、エグゼクティブコーチングの資格について解説します。

エグゼクティブコーチングの資格とは?


コーチングと言っても、ライフコーチ、ビジネスコーチ、エグゼクティブコーチと数多くの種類があります。

ライフコーチとは、個人が良い人生を送れるようにサポートするコーチングです。例えば、ワークライフバランスの充実を図る、育児と仕事の両立に悩む主婦をサポートします。

ビジネスコーチとエグゼクティブコーチは、両方ともビジネスでの目標達成や課題解決をサポートするコーチングです。ビジネスコーチは幅広い社員層に実施する、エグゼクティブコーチは経営者や経営幹部に実施するという違いがあります。

このようにコーチングによって対象や内容が異なるため、コーチングごとに必要とされる知識も異なるので注意が必要です。

コーチングを行うコーチがこれらの知識を有しているか判断する指標の1つとして資格が挙げられます。国内には資格を認定している機関が複数ありますが、コーチングの資格とは具体的にどのような資格なのでしょうか?

国家資格ではない


コーチング資格を認定しているのは、民間のコーチング指導機関や団体です。認定している機関や団体ごとに認定基準や内容などが大きく異なります。資格は大きく民間資格と国家資格に分類されますが、コーチングは民間資格に分類されます。

民間資格なので、資格がない人でもコーチングを行っても問題ない、資格を取得していても信頼できるコーチとは言えないので注意が必要です。しかし、民間資格と言っても、資格を取得するには一定期間講座を受講する、トレーニングを行う、試験に合格するなどの条件を満たさないと認定されません。

そのため、コーチングの資格を持っているかどうかは、信頼できるコーチかどうかを決める1つの判断材料と言えるでしょう。

通信教育や独学でも学べる


コーチングの資格は、信頼できるコーチかどうかを決める1つの判断材料と言いましたが、通信教育で簡単に取得できてしまうものもあります。そのため、コーチングを依頼する際は、資格を持っていると言っても、どんな資格を取得しているのかを確認することも重要です。

例えば、国際コーチ連盟(ICF)という世界最大のコーチ認定機関が発行している資格は、信頼度が高いと言えます。トレーニング時間や実績に応じて3段階に分かれています。上位資格を有しているコーチであれば、より質の高い充実したサポートを受けられるでしょう。

一方、資格を有していない人でも、独学でしっかりとコーチングの知識を身に付けて実践を積んでいる人もいます。そのため、価値のある資格を有している場合を除き、資格の有無を気にする必要はないでしょう。

資格があればいいというわけではない


先ほども触れたように、コーチングを依頼する企業や個人を選ぶ際は、資格の有無が1つの判断材料にはなるものの、資格の有無が必須条件というわけではありません。コーチングを依頼する企業や個人を選ぶ際は、以下の2つのポイントを踏まえて選ぶことが重要です。

・実績を積んでいる人かどうか
・関連する資格を有しているかどうか

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

実績を積んでいる人かどうか

コーチングは得られた知識だけでどうにかできるというものではありません。実戦経験を積む中で磨き上げられていくものであるため、豊富な実践経験を持っている企業や個人に依頼した方が良いと言えます。

特にエグゼクティブコーチングは、経営者や経営幹部を対象としたコーチングであるため、ビジネスコーチングの経験だけでなくエグゼクティブコーチングの経験が必要です。

そのため、エグゼクティブコーチングの依頼では、これまでのエグゼクティブコーチングの経験が豊富な企業や個人に依頼することが重要と言えるでしょう。

関連する資格を有しているかどうか

エグゼクティブコーチングにはコーチングの知識だけでなく経営に関する知識も必要です。そのため、エグゼクティブコーチングに関連する資格を有しているコーチに依頼するのも選択肢の1つと言えます。

例えば、中小企業診断士やファイナンシャルプランニング技能士です。中小企業診断士とは、幅広い専門性と確かな思考力から経営をサポートしてくれる経営のプロフェッショナルの資格です。

ファイナンシャルプランニング技能士とは、金融商品や保険、税金、相続対策などの幅広い資産設計をサポートしてくれる資格という違いがあります。

どちらも国家資格なので、資格の価値は国が保証しているという安心感があります。簡単に取得できる資格ではないため、所有していれば専門的な知識を有している人と言えますが、経験がなければ意味がありません。相性や経験、資格の有無などを総合的に判断しながら、どの企業や個人に依頼するのか決めましょう。

まとめ


コーチングに関連する資格はありますが、あくまでも民間資格です。そのため、資格がない人でもコーチングを行える、コーチングの資格を有している人でも信頼できるコーチとは言い切れないので注意が必要です。

コーチングの資格を有しているかは、あくまでもその人のスキルを図る判断材料の1つと言えます。そのため、コーチングを依頼する企業や個人を決める際は、関連する他の資格を有しているか、実績を積んでいるかどうかなどを総合的に判断することが重要と言えるでしょう。

お申込みはこちらから

無料体験、資料請求、お問い合わせ

無料体験、資料請求、お問い合わせなど弊社にご興味ある方は下記よりお気軽にお問い合わせ下さい。

お問合わせはこちらから

最近追加された記事

人気のある記事

無料体験、資料請求、お問い合わせ

無料体験、資料請求、お問い合わせなど弊社にご興味ある方は下記よりお気軽にお問い合わせ下さい。

お問合わせはこちらから