エグゼクティブコーチングとは?他のコーチングとの違いを解説

2022.10.18

企業の成長や変化を促すためには課題点を見つけ出し、組織的に意識や行動を改善する必要があります。しかし経営者一人で事業戦略を見直すのは労力がかかるでしょう。

そんな時に頼りになるのが、「エグゼクティブコーチング」です。エグゼクティブコーチングでは、専門家が豊富な知識と経験をもって経営支援を行ってくれます。

このコラムでは、具体的にエグゼクティブコーチングとはどのようなものなのか、概要や実施する際の流れについて解説していきます。

エグゼクティブコーチングとは?概要を解説

エグゼクティブコーチングとは?概要を解説

エグゼクティブコーチングとは、企業の事業推進や組織力を高めるための支援を行ってくれるサービスです。具体的にどのようなサービスなのか、詳しく解説していきます。

エグゼクティブコーチングは経営者向けのコーチング

エグゼクティブコーチングでは、経営者向けの行動支援を実施しています。内容としては経営や事業戦略をテーマにしたコーチングがほとんどです。

将来的にどのような企業に成長したいのか、意識改革を行うために経営者が相談したい時などに活用される機会が多いでしょう。

またエグゼクティブコーチングは、経営者以外にも経営に関わる役員も一緒に受けられるケースがあります。経営者以外に経営判断ができる人材を育てることで、会社の事業促進を図ることができるでしょう。

一般的なコーチングは自己実現に向けてコーチに行動支援を求める傾向がありますが、エグゼクティブコーチングは経営に特化した相談を受け付けており、経営者の自発的な行動を促すサービスとなっています。

基本的に1対1で行う

エグゼクティブコーチングは基本的に経営者とコーチの1対1で実施するケースがほとんどです。対話形式でセッションが行われるため、外部に話が漏れる心配がなく、安心して経営について相談できます。

対話形式のセッションでは、クライアントである経営者とコーチが現状の悩みや課題について話し合い、コーチングを実施する目的を確認するところから始まるケースが多いでしょう。

他の人には相談できない経営者視点で会話が進められるので、話しやすい環境下で対話ができます。企業の経営について話をしても、情報が漏洩する心配がないので本質的な悩みについて相談しやすいでしょう。

セッション方法はコーチによって異なる

具体的なセッション方法は、担当しているコーチによって詳細は異なります。主にツールやデータを用いて、数字を活用して対話をするコーチがいれば、対話を中心に理念や想いなど、抽象的なテーマについてを語り合うコーチもいるでしょう。

コーチによってセッション方法は違いますが、課題を洗い出して目標を決める部分では同じです。具体的に、どのような行動を起こして企業を成長させていきたいのか、ビジョンを真剣に話し合うことができます。

対話では部下と思いを共有する方法や職場環境を改善したいなど、経営する上で企業としての悩みを相談できるので改善したい内容はしっかり伝えましょう。

セッションによって理解できた課題に対して、これからどのようなアクションを起こしていくのか、プランをコーチと話し合い実行していきます。

もしアクションについて要望があれば、対話の時点で相談しておけば要望に沿ったプランで話を進めてくれるでしょう。

エグゼクティブコーチングを行う目的は?

エグゼクティブコーチングを行う目的は?

経営者が企業の成長を促すため、外部の専門家に相談するエグゼクティブコーチングですが、実施する目的とはどのようなことが考えられるでしょうか?

エグゼクティブコーチングを利用する目的について解説していきますので、参考にしてみてください。

経営の専門家に相談する

今後の方針を決める場合、慎重な経営判断が求められるため、相談する相手は経営のノウハウを理解している人が望ましいでしょう。特に経営の課題については、第三者に相談しにくい内容も含まれているケースがあります。

そんな時エグゼクティブコーチングなら、経営の知識を持っているだけでなく守秘義務のもと相談相手になってくれるので相談内容が外部に漏洩する心配がありません。

また相談についても経営者視点で話を聞いてくれるため、これからの企業の課題解決に向けて必要な対応について回答をくれます。

経営について悩んでいるものの、第三者に相談できる相手がいない時にエグゼクティブコーチングは役に立つでしょう。

経営に必要な人材の育成ができる

エグゼクティブコーチングは、経営者だけでなく会社の将来のため必要な人材である幹部候補者を育成するためにも活用できます。

幹部が経営者視点で行動できるようになれば、社会環境や市場の流れを見極めることができるため、会社の成長にも大きく貢献してくれるでしょう。

これから会社を背負ってくれる候補者として育成できるので、経営者も後を任せやすくなります。

専門的な知識を持っているエグゼクティブコーチングだからこそ伝えられる、経営者としての考え方が身に付けられるので、高いレベルでの行動計画が立てられるようになるでしょう。

経営者の不安が解消される

経営者が今後の企業成長について悩んでいる時、誰にも相談できないと不安を抱えたまま経営を続けることになります。その場合、経営者の精神的にも大きな負担がかかることになるでしょう。

悩みを抱えたままでは適切な判断ができず、経営が傾いてしまうきっかけになる恐れがあります。

エグゼクティブコーチングを利用すれば、経営者が一人で悩む心配がなく、コーチが経営者視点で話を聞いて行動支援を行ってくれるため不安が解消されやすいです。

特に経営者は情報漏洩を防ぐため、第三者に相談しにくいため悩みを抱えやすい環境にあります。エグゼクティブコーチングなら守秘義務があるので、外部に情報漏洩する心配がありません。

エグゼクティブコーチングと他のコーチングの違い

エグゼクティブコーチングと他のコーチングの違い

コーチングが受けられるサービスはいくつかありますが、エグゼクティブコーチングとはどのような違いがあるのでしょうか。主なコーチングサービスとしては、「ライフコーチング」や「ビジネスコーチング」などがあります。

それぞれエグゼクティブコーチングとの違いについて解説していくので、参考にしてみてください。

ライフコーチングとの違い

ライフコーチングとは個人を対象としたコーチングサービスで、人生に関するサポートを実施してくれます。今後の目標やスキルアップのために、何を実施すれば良いのか個人ベースでの対話を行ってくれるのが特徴です。

転職など仕事に関する相談だけでなく、「ダイエットをしたい」、「パートナーを探している」といったプライベートに関わる話もできます。

エグゼクティブコーチングのように経営者向けではなく、あくまでも個人向けのコーチングであるため事業戦略などの専門的な相談はできない可能性が高いでしょう。

ただ個人で悩んでいることがあれば、気軽に相談できるので悩みを抱えている人は利用してみてください。

ビジネスコーチングとの違い

ビジネスコーチングとは、ビジネスパーソンを対象にしたサービスで、個人のビジネス成果を高めることが目的です。現在の職場での課題解決などをテーマにしています。

仕事に関連する相談ができるのはエグゼクティブコーチングと似ていますが、経営者視点のエグゼクティブコーチングとは相談できる内容は異なるでしょう。

ビジネスコーチングはあくまでも個人に対する相談を受け付けていますが、エグゼクティブコーチングは組織的な課題を解決するための相談になります。

またビジネスコーチングは会社が契約し、会社の中でコーチングが行われるケースがあるでしょう。

エグゼクティブコーチングを実施する流れは?

エグゼクティブコーチングを実施する流れは?

経営者の良い相談相手となってくれるエグゼクティブコーチングですが、実施する際にはどのような流れになるのでしょうか。

具体的にエグゼクティブコーチングの流れについて解説していきますので、参考にしてみてください。

事前ヒアリングを行う

まず経営者とコーチが事前に打ち合わせを行います。打ち合わせの内容としては、現在の悩みやどのような改革を実行したいのか、エグゼクティブコーチングの目的を話し合うケースが多いです。

事前にヒアリングを行うことで、これからの事業計画についてコーチが明確にヒントを与えてくれます。正しく相談するためにも事前ヒアリングを実施する際には、エグゼクティブコーチングを利用する目的をはっきりさせてから参加するようにしましょう。

前もって目標とゴールを決めておけば、効率よく事業改革に向けてアクションを行うことができるようになります。

依頼するコーチを決める

事前打ち合わせを行い、相談する内容を決めたのであれば次に依頼するコーチを決めます。自分が相談したい内容に合わせて、実績豊富なエグゼクティブコーチを選択しましょう。

コーチによって得意なビジネスや専門性が異なります。ミスマッチを防ぐためにも、コーチの実績は把握した上で相談することが大切です。

コーチの選定に悩んでいる時は、エグゼクティブコーチングのサービスを提供している企業に想定しているテーマについて話をしてみましょう。

悩みやテーマに沿って、適切なコーチを紹介してもらえる可能性があります。

ただ自分自身でコーチの実績や経歴は確認しておき、納得した上で依頼をかけることが大切です。

エグゼクティブコーチングを開始する

相談を請け負ってくれるコーチを選んだのであれば、実際にエグゼクティブコーチングを開始します。ゴールに向けて事業推進するためにも、コーチとの打ち合わせでは本音で話をすることが大切です。

本音で話をすることで、自然とコーチとの間に信頼関係が生まれます。お互いが信用できるようになれば、具体的なテーマや目標について話がしやすくなるでしょう。

またエグゼクティブコーチングを実施して、すぐに結果が出るとは限りません。慎重に計画を進める必要があるので、これからの企業成長のためプロセスを慎重に検討しましょう。

エグゼクティブコーチングを受け、何らかのヒントを得て改革を行った後は成果の確認と振り返りを行います。結果次第、今後の対応が変わってくるので、成果報告は正しく行うことが大切です。

「社長のふくろう®︎」ならエグゼクティブコーチングの実績が豊富

「社長のふくろう®︎」ならエグゼクティブコーチングの実績が豊富

経営の相談でエグゼクティブコーチングを依頼するなら、実績豊富で信頼できる企業に相談する必要があります。そこでおすすめしたいのが「社長のふくろう®︎」です。

社長のふくろう®︎であれば経営の専門家が話を聞いて、経営者の問題解決に向けてヒントを与えてくれます。

具体的に社長のふくろう®︎のサービス内容について解説していくので、参考にしてみてください。

経験豊富な専任コンサルタントが話を聴いてくれる

社長のふくろう®︎では専任のコンサルタントが独自メソッドで開発したコーチングシートを活用して、インタビュー形式で話を聴きます。

インタビュー形式の質問によって企業の現状を洗い出し、今後の課題をしっかり抽出してくれるので明確なビジョンをイメージすることが可能です。

相談者からの要望を踏まえた上で、企業の目標を明確にして必要な改革手法を検討します。この時に大切なのが、企業の課題を正しく整理し、ゴールを明確にすることです。

社長のふくろう®︎ならじっくり90分間のセッションを行うので、企業が成長するために必要な情報を抽出します。

PDCAサイクルを実践して事業推進をサポート

計画立案・振り返り・改善活動のPDCAサイクルを何度も実践することで、事業改革を計画的に進めていきます。定例セッションを都度実施していき、新たな課題を抽出した後に必要な改善活動についてヒントを与えてくれるので、ゴールに向けて効率よくアクションを起こすことが可能です。

課題が出る度に、企業にとって必要なサポートを実施させていただきます。効率よくプランを進めていくので、安心して事業推進を行っていただくことができるでしょう。

状況に応じて外部ソリューションを提供

PDCAサイクルを回すうちに、内部だけでは課題解決できない問題が出てくるケースがあります。そんな時は課題解決にマッチした外部ソリューションを選定し、提案させていただくのでご安心ください。

外部ソリューションを導入するまでの手間を省いた、納得のいく提案を実施させていただき、事業推進をサポートさせていただきます。

外部ソリューションを導入することで、事業の効率化を図ることができ、目標に向けた改革を一気に進めることができるでしょう。

経営で悩んでいるならエグゼクティブコーチングを利用しよう

経営で悩んでいるならエグゼクティブコーチングを利用しよう

経営する上で今後の方針や売上促進など、様々な悩みを抱えている経営者は多いでしょう。しかし経営者視点で話を聞いて、行動支援を行ってくれる人を探すのは困難です。

そんな時、エグゼクティブコーチングなら専門家が課題抽出から改善までしっかりサポートしてくれます。また守秘義務から情報が第三者に漏れる心配がありません。

特に社長のふくろう®︎なら、専任のコンサルタントがしっかり話を聞いた上で明確な計画立案を実施させて頂きます。

成果に対しての振り返りを定例セッションで実施していくので、必要なアクションについてしっかりヒントを与えてくれるでしょう。

経営者だけでなく幹部候補の人材も一緒に育成することができるため、将来的に必要な人材の成長を促せます。

経営について悩んでいるなら、ぜひエグゼクティブコーチングを利用してみてください。

お申込みはこちらから

無料体験、資料請求、お問い合わせ

無料体験、資料請求、お問い合わせなど弊社にご興味ある方は下記よりお気軽にお問い合わせ下さい。

お問合わせはこちらから

最近追加された記事

人気のある記事

無料体験、資料請求、お問い合わせ

無料体験、資料請求、お問い合わせなど弊社にご興味ある方は下記よりお気軽にお問い合わせ下さい。

お問合わせはこちらから