社長が選ぶ相談相手は?悩んだ時の対処法について

2022.10.18

会社の経営を担う社長の場合、企業の情報が漏洩しないためにも相談できる相手は慎重に判断する必要があります。経営者仲間であっても、会社の重要な話を気軽に相談できる人は少ないでしょう。

社長としての立場もあることから、経営について悩みがあっても一人で不安を抱えているケースがあります。

このコラムでは、社長が選ぶ相談相手や悩んだ時の対処法について紹介します。

社長の相談相手が少ない理由は?

社長の相談相手①

中小企業の社長など、経営者には相談相手が少ないと言われています。相談相手がいない理由は様々あり、人によって異なるでしょう。

社長の相談相手が少ない理由について解説していきますので、参考にしてみてください。

忙しくて時間が確保できない

社長の相談相手がいない理由として考えられるのは、事業の運営が忙しく時間が確保できないといったことが多くあります。人材が不足しがちな小規模な会社ほど、社長は人材確保のためのアクションを起こす必要があるため、相談する時間が確保できない可能性があります。

人手が足りず常に忙しい社長の場合は、課題を見つける時間が確保できないため事業推進のための改善に繋げることができません。

企業が成長するための施策を行うためにも、社長自身の時間が確保できない場合、事業改革の提案を第三者に出してもらうことが重要になってきます。

信頼できる相手がいない

会社の社長に相談相手がいない理由としては、外部に情報が漏洩してしまう心配があるため、気軽に経営の話ができないといったことが考えられます。

信頼できる相手であれば問題ありませんが、第三者で味方になってくれる人を探すのには時間が掛かるでしょう。

特に経営の話になると専門的な知識が必要になるので、相談内容を理解し、的確にアドバイスを与えてくれる人を見つけるのは困難です。

誰に相談すれば良いのかわからない

社長が事業推進のための相談をする場合、目的に合ったアドバイスをしてくれる専門性の高い人を探すのは困難です。そのため誰に相談すれば良いのかわからないという理由から、経営に関して相談相手がおらず、一人で悩んでしまうケースが多いでしょう。

また会社の課題が明確にわからないと、相談される相手もどのような回答をすれば良いのか困ってしまうケースがあります。

社長が経営について相談するなら、専門性が高く、自分の悩みを解決する人材を見つけることが重要になるでしょう。

社長が悩んだ時の対処法について

社長が悩んだ時の対処法について

社長が経営について悩んだ時、対処法は様々なことが考えられます。悩んだ時の対処法について解説していきますので、参考にしてみてください。

同じような境遇にある経営者に相談する

社長が経営で悩んだ時、同系統の事業を展開している経営者仲間に相談するといった対処法が考えられます。経営を行う上で、共通の悩みを抱えているケースが多いので相談しやすいでしょう。

仲間意識が芽生えやすいことから、気兼ねなく相談できるという人もいるはずです。ただ問題解決できる案が出なければ、事業推進における改善に繋がらない可能性があります。

同じ悩みを持っていても、問題解決できる知識や経験がないこともあるので、相談する相手は慎重に検討する必要があるでしょう。

外部の専門家に相談する

経営サポートを実施している外部の専門家に相談し、経営問題を改善する方法があります。企業によってはいつでも相談できる顧問税理士など各士業の方と契約していることも少なくありません。

専門家であれば、経営における専門知識を持っているので、適切にアドバイスを与えてくれます。課題について相談すれば、何らかの事業改善の提案を出してくれるでしょう。

また外部の専門家として、エグゼクティブコーチングを利用する方法がおすすめです。エグゼクティブコーチングは、経営者向けにサービスを提供しており、事業推進のサポートを行ってくれます。

専門知識を有するコーチが、社長が抱えている悩みをヒアリングして問題解決や改善に向けたコーチングや提案を実施するので、困った時は頼りになるでしょう。

改善に繋がりそうな本を探す

企業の課題を解決するため、本からヒントを得たいと考えている人もいるでしょう。本であれば、それほど費用をかけずに効果的な改善点が見つけられる可能性があります。

自分では思いつかなかった発想を本から得られるかもしれません。ただ本を読んだとしても、気付きが得られないこともあります。

その場合は企業の問題改善に繋がらない恐れがあるでしょう。

また本を読んで参考になったとしても、実際に改善に繋がるアクションを起こさないと意味がありません。予算や人材の観点から実行不可能な場合は、改善に繋がらないことがあります。

「社長のふくろう®︎」なら社長の相談相手になれる

「社長のふくろう®︎」なら社長の相談相手になれる

経営に悩んでおり、相談相手が少ないと困っているなら、「社長のふくろう®︎」を利用してみてください。エグゼクティブコーチングとして、経営の相談や事業推進のサポートを実施しています。

具体的に「社長のふくろう®︎」では、どのようなサポートを実施しているのかサービス内容について解説していきましょう。

実績豊富なコンサルタントが的確にアドバイスしてくれる

社長のふくろう®︎では、実績豊富な専任コンサルタントが1対1で社長の悩みを聴かせていただきます。インタビュー形式で話を聴かせていただきますので、経営する上で相談したいことがあれば、気軽に相談していただくことが可能です。

その際に企業の課題を整理し、どのような解決策があるのか的確に提案させていただきます。

定例セッションは90分ほど実施するので、社長が考える企業のビジョンや現状の課題を気兼ねなく話してみてください。

定例セッションによって抽出された課題を明確にすれば、具体的な目標やゴールが立てられます。どのようなアクションが必要になるのか、コンサルタントが的確にアドバイスさせていただくので、課題改善に繋げることが可能です。

また守秘義務から相談内容を第三者に漏洩するようなことはありません。安心して経営についてご相談いただけます。

無料体験が受けられる

エグゼクティブコーチングを利用してみたいけど、どのようなサービスが受けられるのかわからないという人のために、社長のふくろう®︎では無料体験を実施しています。

セッションを2回まで無料で受けていただけるので、エグゼクティブコーチングについて理解してもらうことが可能です。相談しやすい環境なのか、コーチとの相性は良いのか判断した上で利用を検討いただけます。

無料体験を受けていただければ、エグゼクティブコーチングの流れが把握できるので、自分に合っているのか確認することが可能です。無料体験でサービス内容に納得いただければ、定期的に相談するのか判断する材料になるので、ぜひ利用してみてください。

必要な外部ソリューションを提案してくれる

課題解決を円滑に行うため、必要に応じて適切な外部ソリューションの提案をさせていただきます。効率よく事業改善を実施するためにも、外部ソリューションの導入は重要な要素になってくるでしょう。

導入するのが面倒といった人のために、導入までの手間を省いて納得いく形で提案させていただきます。事業促進に必要な事業にマッチした外部ソリューションを提案させていただくので、ぜひ利用を検討してみてください。

社長の相談相手にエグゼクティブコーチングをご検討ください

社長の相談相手にエグゼクティブコーチングをご検討ください

企業の社長は外部に情報が漏洩しないためにも、相談相手は慎重に検討する必要があります。しかし誰に相談すれば良いのか迷ってしまい、結局悩みを抱えてしまうケースが多いでしょう。

そんな時はエグゼクティブコーチングを利用してみてください。エグゼクティブコーチングなら専門家が豊富な知識で経営についてアドバイスしてくれます。

また守秘義務があるため、相談内容が外部に漏洩する心配もありません。

社長のふくろう®︎なら専任のコンサルタントが90分の間、しっかりコーチングさせていただきますので、的確に課題の抽出を行っていけます。

必要な改善提案をさせていただくので、時間がなく事業促進の問題提起ができていない人でも安心して利用できるでしょう。

経営で困ったことがあれば、ぜひ社長のふくろう®︎にご相談ください。

お申込みはこちらから

無料体験、資料請求、お問い合わせ

無料体験、資料請求、お問い合わせなど弊社にご興味ある方は下記よりお気軽にお問い合わせ下さい。

お問合わせはこちらから

最近追加された記事

人気のある記事

無料体験、資料請求、お問い合わせ

無料体験、資料請求、お問い合わせなど弊社にご興味ある方は下記よりお気軽にお問い合わせ下さい。

お問合わせはこちらから